若干25歳の若さでありながら、有名アーティストが指名したくなる、

今注目の映像作家の山田健人さんとは一体どんな方なのでしょうか?

調べてみました。

 

プロフィール

 

名前:山田健人(25歳)

別名:dutch_tokyo Kento  ”dutch” Yamada

生年月日:1992年4月23日

出身:東京生まれ

学歴:慶應義塾大学法学部卒業、慶應義塾大学院メディアデザイン研究科所属

職業:映像作家

 

中学生の時に独学でプログラミングを習得し、ゲームアプリを開発。

自身が制作したアプリを友人らに配布し、さらに改良を重ね、アプリのダウンロード数で全国20位を記録。

高校時代は電子工作でアンプの自作に没頭する傍らアメリカンフットボールに身を投じ、2012にはU-19日本代表チームに選抜。

アメフト引退後、独学でモーショングラフィックの制作を始め、大学に通いながら映像作家としての経歴を開始。

 

 

2015年5月   ライブ活動を本格化させたバンドyahyelにVJとして加入。

2015年6月   親交のあったロックバンド、Suchmosの1stアルバム「THE BAY」のリード曲である

「YMM」のMVを監督し、実写映像の監督としての経歴を開始した

2016年

2017年     yahyelとして”FUJI ROCK FESTIVAL”に出場。

2016年     ”自分自身のキャリアにとっても大きな作品”と語るロックバンドSuchmosのヒット曲「STAY TUNE」のMVを手掛ける。

2017年     宇多田ヒカルから指名を受けて、彼女の復帰作「Fantome」の収録曲「忘却 featuring KOHH」のミュージックビデオを手掛けた。

2017年3月   優れた映像作家100人を選出して紹介する名鑑『映像作家100人』に掲載される

また、アイドルグループPassCodeのメンバーである南菜生の女優デビュー作となる短編映像「さいはてれび#004冬の長い線」

の脚本・監督を務める。作中の音楽はyahyelと荘子itが手掛けた。同年6月、YouTubeで公開されたSuchmosのショートフィルム

「NEW LABEL “F.C.L.S.” SHORT FILM」の監督を務めた

2017年9月   MTV JAPAN主催の第16回MTV Video Music Awards Japanにて監督を務めた宇多田ヒカル 「忘却 featuring KOHH」のビデオが

          最優秀コラボレーションビデオ賞を受賞

 2017年     嵐「未完」のMVを手掛ける。

 

宇多田ヒカルの「忘却 featuring KOHH」MVについて

光と影と宇多田さん本人だけだったんですけど、余計なものは一切ない。音世界に入っていくための映像。

嵐の「未完」のMVについて

カーテンの手前と奥をカメラが行き来するというシンプルなもの。どんどんこれから先も進化していく「嵐」っていう集団を此の瞬間に残す上で本当に此の見え方、新しいぞっていうことを、映像として表現したいなと思いながら作製。

 

嵐「未完」が収録されているアルバム

「unntitled」初回限定盤