9月に入り秋の風を感じるようになりましたね。昨年は残暑もあまりなく涼しくなり

秋だなと感じていたら秋を通り越して冬の到来でした。今年はどうなるんでしょうか?

さて秋といえば運動会!幼稚園、保育園、小中学校、高校、自治会などさまざまな場所

で行われますね。

その中で保護者の出場する競技!子供にいい所を見せようと思っていたら負けじ魂に

火がつき、ついつい本気モードになっちゃいますね(笑)

でもそれが盛り上がるんですよね!

そんな運動会について調べてみました!

 

”運動会”の起源とは? いつから始まったの?

運動会の起源はヨーロッパであり
その原型に日本に伝わってきたとされています。

しかし、一定のプログラムの下で全体が構成され、
競技や演技を行っていくのは、日本独特の形のようです。

■ 日本で最初に運動会が始まったのはいつ?

日本で最初に運動会が開催されたのは1874年で、
当時の海軍兵学校で行われました。

しかし、その時はまだ運動会ではなく、
競闘遊戯会と言われていました。

その後、1878年に札幌農学校で開催され、
そこから北海道内の小中学校へと広がっていきました。

実際に定着したのは、文部省が学校で
集団訓練のための運動会を行うよう指導したのが
きっかけでした。

そして、1896年に初代の文部大臣、森有礼によって

全国の小中学校で運動会を実施することがに義務付けられました。

 

「運動会」という呼び名

現在のように「運動会」と呼ばれるようになったのは
1883年の東京大学運動会だとされています。

しかし、なかなかこの「運動会」という名前は定着せず
5年たっても、一般的ではなかったようです。

 

 

紅白に組み分けされる理由

 

なぜか競争や対抗の象徴として「あか」と「しろ」に
色分けられるのが定番になってますよね?

運動会もその1つです。なぜ、そうなってしまったんでしょうか?

この「あか」と「しろ」とで組み分けされるようになった由来ですが
今からおよそ、830年前の平安末期までさかのぼります。

起源の元は平氏が滅んだ大戦、『壇ノ浦の戦い』

この壇ノ浦の戦いの際、敵と味方を区別するために

源氏が白旗、平家が赤旗を掲げ戦ったことにあります。

ここから  あか 対 しろ の構図ができあがったようです。

 

 

保護者参加で盛り上がるオススメ競技

大人が競技に参加する、となるとスタート前から周りを見て「どうせ負けるし・・・」

「恥ずかしい」という思いが出てしまい、思い切って参加できないことがあります。

そこで、大人には参加する人の身長や体型にかかわらず楽しめる競技がオススメです。

 

◆後ろ向き徒競走

特に用意する道具も必要なく企画できるのが「後ろ向き徒競走」です。

直線30~50mくらいのコースを、後ろ向きに走ります。前に向かって走る

以上に足がもつれてしまったり、振り返りながら走ることでコースアウトして

しまったり、といったハプニングが期待できます。

大人は後ろ向き、子供は前向きで交互に走るリレー方式にしても盛り上がります。

◆デカパン競走

大きなパンツの足を入れる部分に人が入り、2人1組で走ります。

ペアを組んだ相手と息を合わせることが必要なので、あまり速く

走ることができません。親子ペア、リレー方式などアレンジも可能です。

デカパンは1枚2,000円前後で購入することが可能です。

裁縫が得意な保護者であれば、生地を買って縫ってもらうのもアリですね。

 

◆スリッパ飛ばし

番号の書いたスリッパを片足に履いて飛ばし、その距離を競います。

性別・体格に関係なく誰にでも優勝できるチャンスがあります。

用意するのはスリッパのみ、という手軽さがオススメのポイントです。

10人1組で予選を開催、各組の1位(場合によっては2位も)の

人を集めて決勝を行い、優勝者を決めましょう。

毎年の飛距離を記録することで「学校新記録」が出たり、昨年の優勝者に

参加してもらったり、と長年にわたって楽しめる競技になります。
ド定番とも言えるこちらのスリッパも、通販であれば1足315円で購入する

ことができます。5足あれば10人が一度に競技に参加できるので、予算が

少なくても安心です。普段、大人が子供たちには見せない姿を見せると

子供たちは確実に大喜びします。

年に一度のことですから、親も思いっきり楽しんでみましょう!

保護者競技の定番「借り物競争」で使える、おもしろお題

 

保護者競技で外せないのが「借り物競争」ではないでしょうか?

参加する人の年齢・性別・身体能力にかかわらず

「誰が一番になるか、最後までわからない」のが魅力です。

また、お題として書かれたものを一生懸命に探し回る大人の姿は

子供たちに大ウケします。

◆借り物競争のルール

スタート地点から10~20m先に置かれた紙を拾い、紙に書かれている

「お題」のものを会場内から探し出してゴールします。早くゴールできた人が勝ちです。

◆お題を決める際の注意点

①紙に「借り物」を書く際は、太く大きな文字で書くようにしましょう。

その紙を会場の観客に見せた時に、観客にも分かってもらいやすいように

すると競技がスムーズに進みます。
②難しいものばかりを書いてしまうと競技が止まってしまいます。

バランスよく難しいもの・簡単なものを書くようにしましょう。
③お題は「貸しやすいもの」「壊れにくいもの」「持ち運べるもの」

であることが必須です。観客が「持ってい

るけど貸したくない」と思ってしまうものはNGです。
◆お題の例
では、実際にどのようなお題が盛り上がるのでしょうか?

 <定番のお題>
・◯色の服を着た女性
・◯年✕組の担任の先生
・傘、帽子、ハンカチなどの小物 
<おもしろお題>
・ガラケーを持っているお父さん
・身長180cm以上の人
・校長先生のメガネ
・有名人に似ている人
・昭和or平成○年生まれの人
・双子
・指定メーカーのペットボトル飲料

 

アイディアをちょっと入れてオリジナル競技を考えてみるのもいいですね。

あとは当日のお弁当作りとお子様の頑張る姿を思い出として映像に残したいですね!

 

お弁当作りに便利なアイテム

おすすめのビデオカメラ
パナソニック HC-W585M-W
SD対応 64GBメモリー内蔵フルハイビジョンビデオカメラ
iAズーム90倍&手ブレ補正強化でキレイに残すワイプ撮り対応モデル。
手ブレが発生しやすいシーンを自動で判別、手ブレを低減できる進化した「手振れロック」機能を搭載。

楽しい運動会になりますように♫